なんとかなる

正直なんですけれどもね。投手は誰がでても、そこそこの奮闘はこなせる・日本の投手のルール。球の切れ、放物線など、先頭に選ばれるものであれば。そこそこの奮闘できますね。
も、さすがに今回は痛かったのは、去年まではレッドソックスにいた2クライアント。
上原と田沢。こういう2人の招集ができなかった箇所。それが痛すぎですね。
っていうのは、リリーフ投手という左側の先発投手。リリーフって言っても、クローザーなんですけれども、そのGoodのスポーツマンが少ないというで、こういう2クライアントがでて得るって。依然として困ったことになってしまいましたね。
逆にいうと、先発達ですけれども、マー氏。ダルビッシュ、岩隈、マエケン。このあたりいなくても日本の先発達がいるので、なんとかなるのでしょうけれどもね。
というのも、菅野など右手の先発投手はいっぱいいるし、選ばれてはいない涌井などもおるわけでね。そういった観点でね。どうして、左側の先発型式の投手選ばないかな?といった。薬用グローリンギガ楽天.xyz